「魅力化」とその目的

RE START 前夜

夕張は、倒れたままか

ー夕張は、倒れたままか

財政破綻以降、夕張はあらゆるものをなくしてきました。夕張から出ていく友人の後ろ姿、マスコミによるネガティブな情報発信。そして、「夕張では何もできない」というあきらめ。その一番の被害者は、可能性の塊であるはずの子どもや若者たちでした。


夕高生の想い

夕張高生の集合写真

市内唯一の高校である夕張高校は、人口減少に伴う生徒数の減少に加え、小中学校統廃合に伴う新たな人のつながりを求める傾向などから、すべての学年がそれぞれ一クラスとなっています。

 

そのような中にあっても、夕高生は主張します。

夕張じゃ何もできない、夕張じゃだめだというイメージを打ち消したい!

 

高校生のこうした「本気」に、本気の大人たちが応えなければならない。

魅力化プロジェクトは、高校生の強い想いから始まったのです。


夕張の課題から日本の未来を探求する

ワークショップの様子

人口減少、少子高齢化、財政難。夕張がいま抱える課題は、日本のみならず世界がこれから直面する課題です。

この課題を探求するフィールドが夕張にはあります。

高校生がこうした課題解決に挑み、自分の殻をやぶり、たくさんの失敗と成功を経験できる環境づくりに取り組んでいます。

 

 


最初は「20人」でもいい

20人でもいい

夕張高校魅力化プロジェクトは、生徒数の増加だけを目指すものではありません。

最初の生徒は「20人」でもいい。しかしその20人が、隣にいる仲間を一番に考えられる優しさを持ち、学年の枠を超えた絆で学校全体が結ばれた一つのチームを作っていくこと。

そんな生徒たちが、地域を思いながら地域の課題解決のために活動し、今後の日本に必要な力を身につけていく。

そして将来、日本全国の、同様の課題に直面した地域で活躍する。そんな高校づくりのために、私たちは挑戦します。